太陽電池パネルが火災の原因となった可能性がある――。複数の住宅火災の事例をきっかけに、太陽電池パネルメーカーの大手、シャープが対応に追われている。同社製の「瓦型住宅用太陽電池モジュール」のうち、2003年2月から05年6月までに製造した10機種について、点検と交換の作業を無償で実施していることを明らかにした。9月18日に発表した。

 発火原因は特定されていないものの、「太陽電池セルとインターコネクター(セル間の結線部品)のはんだ付けの強度低下が発火の原因となる可能性が高いとの懸念から、無償での点検と交換に至った」とシャープは説明する。

日経ホームビルダーが2018年1月号で報じた火災事例。戸建て住宅に設置されたシャープ製の屋根一体型の太陽電池パネルから出火。屋根の一部が焼け抜ける火災に発展した。瓦の一部がパネルに重なり、継続的にホットスポット現象が起こっていたことが原因とみられている(写真:川崎市消防局)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社によると、交換対象の10機種については、18年2月から安全点検を開始した。8月末日時点で約500件の点検を終えた。モジュールに不具合が見付かったのは、うち約1%だったという。これらの交換は順次行っており、19年6月までに全ての交換作業を終える予定だ。

 前述の対象機種に加えて、05年7月から06年1月までに製造した「瓦型住宅用太陽電池モジュール」10機種についても、無償での安全点検を購入者に呼び掛けている。現時点では品質上の問題はないとするものの、過去に1例、原因未特定の火災が発生しているからだ。念のための対応という。

 とはいえ、対応は万全ではないようだ。無償での安全点検と交換が始まった2月以降も、同社製の太陽電池パネルが原因と見られる火災が発生。3月29日に埼玉県で、4月13日に東京都で事例が報告されている。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら