アート作品を通じて街を眺める。それは、いつも目的地へ行くためだけに歩いているときには意識していなかった“この街ならでは”の面白みを味わうきっかけとなる。そんな可能性を、東京・六本木の夜のアートイベントを題材に探ってみる。

 街歩きの醍醐味を満喫できるアートフェスティバルが、東京の真ん中、港区六本木で9年間、続いている。東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、港区、そして六本木アートナイト実行委員会(実行委員長:南條史生・森美術館館長)が毎年、主催する一夜限りのアートの供宴「六本木アートナイト」だ。2018年は、5月26日から27日にかけて開催された。

六本木ヒルズのシンボルであるクモの彫刻「ママン」(ルイーズ・ブルジョワ作)も、この2日間は米国のアーティスト、マグダ・セイエグの手によってテキスタイルの衣装をまとった(撮影:三上 美絵)
[画像のクリックで拡大表示]
六本木ヒルズアリーナに現れた宮本宗の「影ワニ」。出雲地方に伝わる怪魚「影鰐」を鉄骨で表現した作品だ(撮影:三上 美絵)
[画像のクリックで拡大表示]

 体験して分かるのは、巨大再開発のスケールに目を奪われ、普段は意識していなかった空間に改めて気づかされる、ということだ。一方で、六本木ヒルズや東京ミッドタウンも数々の作品の展示の場となるため、これら再開発プロジェクトに公共的なスペースがいかに豊かに用意されているかを実感できる。

 街歩きを取材し、また趣味にしてきた筆者は、これを都市の楽しみ方として新鮮に受け止めた。そこで最新の六本木アートナイト2018の体験を以下にリポートしてみたい。

対話を通じてアートと街を感じるガイドツアー

 2009年にスタートし、9回目となる今年のテーマは「街はアートの夢を見る」。ネオンの輝く中、あちこちに登場するインスタレーションやパフォーマンスを「街の見る美しい夢」であるかのように体験してほしい、という主催者の思いが込められている。

 参加者はアーティスト、観客ともに年々増加。今回は六本木ヒルズや東京ミッドタウンをはじめ、周辺の美術館、商店街、公園などを舞台に、80を超えるプログラムでにぎわった。

 ボランティアガイドが客と対話しながら作品を案内して回る「六本木アートナイトをもっと楽しむガイドツアー」も人気プログラムの1つ。筆者はその中の「路地裏・ネコミチ・ROPPONGI」と題するコースに参加した。

 申し込みは、当日の現地。26日の午後7時、東京メトロ日比谷線・六本木駅近くの集合場所に赴くと、あっという間に定員の15人に達し、締め切られた。参加者は、若いカップルや40〜50代の女性たちが中心。3〜4人のグループを1人のガイドが案内する。

六本木交差点の首都高橋脚を彩ったスー・チャーシンの「Lost in Memories」。作者は台湾とアメリカをベースに活動するグラフィックデザイナー。自身が六本木を訪れた時の記憶を織り込んだ作品だ(撮影:三上 美絵)
[画像のクリックで拡大表示]

 まずは、外苑東通りと六本木通りが交わる六本木交差点。いつもと違い、首都高の橋脚がカラフルなポップアートで彩られている。歩道の隅の植栽プランターには、発光するガラスを使ったインスタレーションが配され、まるで光る「キノコの畑」のようだ。待ち合わせの目印として有名な時計塔も、緑色の巨大な“クギ”に変身した。

交差点脇の歩道には、生田目礼一の「未来庭園」。不思議な未来生物が、プランターに“植わっている”。見物客も面白そうにのぞき込む(撮影:三上 美絵)
[画像のクリックで拡大表示]

 “猫耳”のカチューシャをつけた女性ガイドに誘われ、六本木交差点から六本木西公園へ。ジャングルジムなどの遊具と並び、3つのアート作品が展示されている。サムワンズガーデン×アトリエまあん(以下、アーティストの敬称略)の「時のウロボロス」は、8の字に配された赤い木の竜の上を歩くと、地面に自分の影が光となって投影される作品だ。

六本木西公園に展示してあったサムワンズガーデン×アトリエまあんの「時のウロボロス」。8の字型に配置された赤い木片を歩くと、“光の影”が現れる。ウロボロスは自らの尾をかんで円環状になった竜を模したモチーフで、永続性、無限性などの象徴(撮影:三上 美絵)
[画像のクリックで拡大表示]
サムワンズガーデン×アトリエまあんの「時のウロボロス」(撮影:三上 美絵)
[画像のクリックで拡大表示]

 公園を出て路地を抜け、龍土町美術館通りにある天祖神社へ向かう。この辺りは、六本木ヒルズ、東京ミッドタウン、国立新美術館などの再開発ビルに三方を囲まれた窪地だ。古いアパートや住宅が並ぶ細道には猫がいて、高齢女性が餌を与えている。きらびやかな表通りとは打って変わって、地に足の着いた生活のにおいが感じられる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら