完成目前のビルで大規模火災が発生した。7月26日午後1時52分、東京都多摩市唐木田の建設現場で火災が発生したと110番通報が入った。地下3階・地上3階の鉄骨造の事務センターを建設中で、総務省消防庁の集計によると7月27日時点、死者5人、負傷者42人。火災は午後7時40分に鎮圧、午後10時38分に鎮火した。翌27日に警視庁と東京消防庁が合同で現場検証に入った。

 警視庁は、出火元は地下3階で、アセチレンボンベのバーナーを用いたH形鋼の切断作業中に、何らかの原因で断熱材のウレタンに引火したとしている。現場作業員が消火に取り掛かったが、消火が間に合わず延焼した。死者のなかには地上階で作業中の人もいた。東京消防庁によると、地下2階と地下3階の計約400m2に加え、地下3階の下にある免震ピット部分の断熱材が約5000m2が燃えた。

火災が発生した建設現場「(仮称)多摩テクノロジービルディング計画」。地下3階・地上3階、延べ面積1万7666.89m2の事務センターを建設中だった。現場検証のため、現場に隣接するコンビニエンスストアの駐車場には、多くの消防車両が停められていた。撮影は7月27日(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
地上階の目隠し用のシートは煙の影響で変色していた(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
目隠し用のシートが燃えて縮れている部分も見られた(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 火災が発生した現場は、「(仮称)多摩テクノロジービルディング計画」。三井不動産が100%出資する南多摩特定目的会社が事業を進めていた。施工者は安藤ハザマ。全工程の約9割が終了しており、完成目前の出来事だった。火災当日は、耐火工事や内装工事などの作業中だった。

現場に張られていた建築計画の標識。建築主は南多摩特定目的会社で、設計は久米設計、施工は安藤ハザマが担当。2016年に着工し、18年10月31日完了予定と、完成目前での出来事だった(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
現場に張られていた作業工程表。火災当日は耐火工事や内装工事などの作業をしていた(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 現場は、大型商業施設や住宅などが立ち並ぶ地域に位置する。道路を挟んだすぐ横には民家があるが、周辺民家への延焼はなかった。火災当日、現場周辺を通った男性は、「黒い煙が立ち上り、クレーンが見えない状態だった」と話す。

住宅街から見た火災現場。周辺の住宅に延焼被害はなかった(写真:日経アーキテクチュア
[画像のクリックで拡大表示]

 安藤ハザマによると、火災発生当日、現場には約300人の作業員がいたという。総務部の担当者は「被害状況の確認がまだなので、今後の対策を含め検討中だ」と話した。現場でどのような安全措置や指導がなされていたかについても確認中だという。

 三井不動産の広報部担当者は「施工者の安藤ハザマからの報告書を待っている状態なので、質問には答えられない」とし、今後の見通しについても未定とした。


この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら