太陽熱利用システムのOMソーラー(浜松市)は、太陽熱システムとヒートポンプ式の給湯器を組み合わせた新製品「OMX」を2018年10月に発売する。OMソーラー、東京大学の前真之准教授、長府製作所が共同で開発に取り組み、約3年かけて開発した。冷暖房と給湯を1台の室外機で効率よく運転できるので、エコキュートや一般的なエアコンを導入している住宅に比べて、年間消費電力を最大で約3割削減できるとOMソーラーはみている。

 OMXは、屋根に設置する太陽熱の集熱パネル、ヒートポンプ式給湯器、エアコン室外機の3つの要素で構成する。給湯器とエアコンは同じヒートポンプの原理を利用するので、連動させて室外機を1つにまとめた。冷気や暖気は屋内に巡らせたダクトを通じて各室に分配する。

 冷暖房の仕組みはこうだ。冬季の日中は、集熱パネルで温めた空気を屋内に循環させる。夜間や曇天日など太陽熱だけでは足りない場合には、エアコンで温めた空気を混ぜて暖房に利用する。給湯はヒートポンプを利用して、暖房と同時に行う。

冬季の日中の運転。晴天時は屋根で集めた太陽熱の暖気だけで暖房。雨や曇りの日はエアコンの暖房も併用する(資料:OMソーラー)
[画像のクリックで拡大表示]

 夏季の日中はエアコンで冷房しながら、熱交換換気を行い、その排気で屋根面を冷やす。さらに、エアコンの室外機から発生する廃熱を使って給湯器で湯を温める。

夏季の日中の運転。エアコンで冷房をしながら、熱交換換気を行う。冷房時の廃熱は給湯に利用する(資料:OMソーラー)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら