タマホームが標準仕様にしている耐震等級3の木造住宅は、熊本地震と同等の揺れが3回直撃してもクロスの部分的な破れにとどまる。一方、建築基準法が要求する耐震基準ぎりぎりの住宅は、倒壊相当の損傷を受ける。

E-ディフェンスで本震2回目の加振後の様子。左がタマホームの標準仕様である試験体Aだ。実大2棟を3次元で同時に加振できる国内の実験施設はE-ディフェンスだけになる(写真:タマホーム)
[画像のクリックで拡大表示]

 これは、タマホームが2017年10月に防災科学技術研究所兵庫耐震工学研究センター(E-ディフェンス)で行った実大実験の結果だ。18年4月に発表した。同じ間取りで耐震性能の異なる2棟を振動台に載せ、熊本地震で観測された前震1回と本震2回の地震波を入力して揺らした。実大2棟を3次元で同時に加振できる実験施設は、Eディフェンスだけだ。

 試験体Aとして採用した同社の標準仕様は、大臣認定を取得した外壁回りに張る耐力面材と、筋交いの間仕切り壁などで、建基法が要求する壁量の1.5倍を確保した。さらに、クロスの下地に張る石こうボードを、品質確保促進法が準耐力壁として認める方法でくぎ打ちしている。

 実験を監修した京都大学の五十田博教授によると、大臣認定以上の耐力を備える耐力面材の余力と石こうボードの壁倍率を加えた壁量充足率は、3.5に達する。

 一方の試験体Bは、筋交いだけで建基法ぎりぎりの壁量を確保し、石こうボードを試験体Aと同じ仕様で施工した。石こうボード分を加えて計算した壁量充足率は2.0だ。

試験体A、試験体Bとも偏心率は0.15を下回り、耐力壁がバランス良く配置されている。試験体Aは外壁回りに、大壁仕様のパーティクルボードを張った(資料:タマホームの資料を基に日経ホームビルダーが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

本震2回目の加振後の様子。2棟とも建築面積が46m2の総2階建て。左の試験体Bの引っ掛け式サイディングは、脱落や破損、目地の隙間が生じた。右の試験体Aのサイディングは、ほぼ無被害で済んだ(写真:タマホーム)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら