ヒルトン・グランド・バケーションズ(HGV)は3月26日、神奈川県小田原市で週単位の所有権を販売する「タイムシェア・リゾート」型の宿泊施設を国内で初めて開業すると発表した。メーンターゲットは、日本人の家族旅行客だ。

ヒルトン・グランド・バケーションズが2018年4月に国内で初めて開業するタイムシェア・リゾート「ザ・ベイフォレスト小田原・バイ・ヒルトン・クラブ」のコテージ(出所:Hilton Grand Vacations)
[画像のクリックで拡大表示]
コテージの内観の一例。橋本夕紀夫デザインスタジオがデザインを手掛けた(出所:Hilton Grand Vacations)
[画像のクリックで拡大表示]

 HGVが展開する「タイムシェア・リゾート」とは、1年間を52週に分けて週単位の所有権を販売し、宿泊施設をオーナーが共同で所有するシステムだ。所有権の金額に応じてポイントが付与されるので、ヒルトングループや提携リゾートの宿泊施設にポイントを振り替えて滞在することもできる。別荘のように特定の場所に縛られることなく旅行を定期的に楽しみたい人や、自宅で過ごすような感覚でゆったりと余暇を過ごしたい人に人気がある。所有権は相続することも可能だ。

 HGVが国内で開業するタイムシェア・リゾートの第1弾となるのは、「ザ・ベイフォレスト小田原・バイ・ヒルトン・クラブ」。同施設は既存の「ヒルトン小田原リゾート&スパ(以下、ヒルトン小田原)」の敷地内で計画されており、別荘タイプのコテージとコンドミニアムタイプのヴィラから成る。

 先行する10棟のコテージは、ヒルトン小田原の既存施設を改装し、2018年4月に開業する。その後、100棟のヴィラを4期に分けて順次新築で設ける計画だ。

ザ・ベイフォレスト小田原・バイ・ヒルトン・クラブの遠景。写真右下に見えるのがコテージだ。「ヒルトン小田原リゾート&スパ」の敷地内に立つ(出所:Hilton Grand Vacations)
[画像のクリックで拡大表示]

 HGVが、計画地として既存ホテル事業主体の小田原ヒルトンから取得した敷地は、約5万9000m2。客室はリビングルームや寝室に加えてキッチン、ランドリーなども備えるユニットとし、スタンダードタイプの面積で90m2程度を見込む。定員は3世帯が同時に利用できる6人程度とする。

 ザ・ベイフォレスト小田原・バイ・ヒルトン・クラブは、HGVが開発・運営し、ハウスキーピングやメンテナンスなどのサービスはヒルトンが提供する。設計は久米設計が担当。全体のデザインは、橋本夕紀夫デザインスタジオ(東京都渋谷区)が手掛ける。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら