建物の1階や地面、アイレベルの風景が良くなれば、人の笑顔が自然に集まる街になる──。都市の「グランドレベル」の役割に改めて目を向け、これを名前に冠した会社がある。その代表を務め、新著も発行した田中元子氏に、「あらゆる1階を追求する」理由、そして、どのような方法で街を変えようとしているのかを聞いた。

喫茶ランドリー。奥の一角には洗濯機が置いてあり、一定料金で利用できるようにしている。喫茶だけの利用も洗濯だけの利用も可能。オープン以来、空間と使われ方の新しさから、周辺住民に合わせて国内外から様々な人々が集っている(写真:渡邊 和俊)
[画像のクリックで拡大表示]

どうして株式会社グランドレベルの設立に至ったのですか?

 私たちは建築分野を中心に本や雑誌の編集などを手掛けるユニット「mosaki」(モサキ)の活動を2006年から続けています。2013年に事務所を引っ越したとき、新事務所が広く、持て余していたので、軽い気持ちでバーカウンターをつくり、友人・知人に声をかけて来てもらっては、オリジナルのカクテルを振る舞う、という遊びをするようになりました。それを続けているうちに、フリーで振る舞う楽しさのとりこになっていきました。

 やがて同じような振る舞いを外に出て、街でやってみたいと思うようになり、そのために軽くてコンパクトな屋台を設計してもらいました。完成した屋台を住宅街やオフィス街、公園や水辺など、いろいろな場所に持ち出し、そこでコーヒーを入れて不特定多数の人々に振る舞うようになったのです。

フリーコーヒー屋台の様子。田中氏は、オリジナルの「パーソナル屋台」を持って、様々な街に出向き、今でも趣味でフリーでコーヒーを振る舞っている。このときに街の景色を観察し、改めて1階の大切さに気付いたという(写真:グランドレベル)
[画像のクリックで拡大表示]
フリーコーヒー屋台の様子(写真:グランドレベル)
[画像のクリックで拡大表示]

 屋台から街を観察していると、人の目の高さに自然に見えてくる風景、つまり建物の1階や公園、広場などに活気や人けが感じられないことが、とても気になるようになりました。それらには、今よりもっと良くなれる「伸びしろ」がある。それらが良くなることは物件の所有者のためだけでなく、街や社会にとっても必要なことだと思ったのです。そこで「1階づくりはまちづくり」をコンセプトに2016年9月、株式会社グランドレベルを立ち上げました。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら