「坂の街」として有名な広島県尾道市。公募で設計者を選定した展望台の改築計画で、契約期限内に業務が完了しなかったとして、市が1月、石上純也建築設計事務所を契約解除、前払い金の返還と違約金の支払いを求めた。双方の主張は大きく異なる。一体、何が起こったのか。市と設計者それぞれの言い分を前・後編に分けて伝える。

広島県尾道市の千光寺公園に立つ展望台。山頂にあり、市の中心市街地や瀬戸内海などを見渡せる(撮影:菅原 由依子)
[画像のクリックで拡大表示]

 「私たちに全ての責任があるということは絶対にない」。2月25日、日経アーキテクチュアの取材に応じた石上純也氏はそう語った――。

 広島県尾道市は1月24日、千光寺公園頂上エリアリニューアル基本・実施設計業務委託契約について、委託先である石上純也建築設計事務所(東京都港区)との契約を解除したと発表した。

 市は業務委託料約3212万円のうち約1400万円を既に支払っていた。しかし2016年度分は業務内容を考慮して支払うものの、17年度分の前払い金約720万円の返還と、違約金321万円の支払いを石上事務所に請求している。

 3月時点で、石上事務所はそれらの支払いを拒み、弁護士を通じて平谷祐宏・尾道市長や市の担当者に話し合いを求めている。

既存展望台は市のシンボル

 既存の展望台がある千光寺公園は、尾道市にとって重要な観光名所だ。展望台が立つ山頂にはロープウエーがかかり、年間約80万人が公園を訪れる。展望台は築60年で、展望スペースに上るには階段しかなく、老朽化対策とバリアフリー化が求められていた。

展望台の内部にある階段。展望スペースに上がるためには、この階段を登らなければならない。階段の途中には飲食店があった(撮影:菅原 由依子)
[画像のクリックで拡大表示]
階段の下に見えるのが、ロープウエー乗り場と券売所。展望台へは階段が続いており、撮影しているときには女性が杖をつきながらゆっくりと下りていた(撮影:菅原 由依子)
[画像のクリックで拡大表示]

 市は16年11月、展望台とその周辺をリニューアルするために、公募型プロポーザルを実施することを発表した。設計内容は敷地面積約2000m2の公園に、延べ面積約450m2の展望台を新築し、完成後に既存展望台を撤去するものだ。

 プロポーザルに参加を表明したのは11者だった。市は書類で5者に絞り、同年12月11日の最終選考(審査委員長は川田一義・尾道市立大学副学長)で石上事務所を設計者に選定。石上事務所は、雲のようなイメージで敷地全体に広がる屋根スラブを、細い柱で支える展望空間を提案していた。

石上純也建築設計事務所がプロポーザルで提出した展望台のリニューアル案。後にデザインはシンプルな形へと大きく変更した(出所:石上純也建築設計事務所)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら