東京駅丸の内側から見た「東京駅前常盤橋プロジェクト」の2027年竣工後のイメージパース。中央に2棟並ぶ右手がA棟(高さ約212m、21年竣工)、左手が日本一の高さとなるB棟(高さ約390m、27年竣工)。A棟も竣工時には東京駅周辺の超高層ビルでは最も高い建物となる(出所:三菱地所)
[画像のクリックで拡大表示]

 2027年には東京駅丸の内側から北東の空を見上げる観光客が増えるかもしれない。映画「シン・ゴジラ」で、怪獣退治に一役買った東京駅日本橋口前の超高層ビルの建設が本格的に始動した。事業者である三菱地所は2月20日、「東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区再開発事業)」A棟(高さ約212m、21年4月竣工)の起工式を実施した。

 三菱地所は工事現場の南北を覆う仮囲いに、140mにわたって歴代ゴジラのポスターを展示するギャラリーを設置。同地区の再開発計画が27年までと長期におよぶことに対する配慮の1つだ。会見に登壇した同社の合場直人執行役専務は「ゴジラには常盤橋のシーンがある。(施工中も)周辺の街にもにぎわいを創出する企画を考えていきたい」と話す。

常盤橋プロジェクトのA棟工事現場でサイトの南北を覆う仮囲い。歴代ゴジラのポスターや劇中カットなどが展示される。掲出期間は2018年2月から19年1月末を予定(撮影:江村 英哲)
[画像のクリックで拡大表示]

 A棟を建設する敷地に立っていたJXビルと大和呉服橋ビルはすでに跡形もない。地上部の解体工事は終了しており、現場では一部の地下躯体を壊しつつ、地下工事を進めている。A棟の起工式は2月20日に行われたが、実際は1月16日に着工していた。プロジェクトの進捗に遅れはないという。完成したA棟は東京メトロ東西線の大手町駅コンコースと直結する。

朝日生命大手町ビルの27階からA棟工事現場を見下ろす。永代通りと外堀通りが交差する北西の角地に地下5階・地上40階の超高層ビルを建てる(撮影:江村 英哲)
[画像のクリックで拡大表示]
A棟工事現場の地下。日本銀行のある北東方向を望む。既存の地下躯体を解体しつつ、新築工事を進めている(撮影:江村 英哲)
[画像のクリックで拡大表示]

 常盤橋プロジェクトには3つの軸がある。「ビジネス・観光など多機能の集約」「シンボルタワーとして世界へ情報発信」「交流の促進と時間価値の最大化」だ。合場執行役専務は「常盤橋は大手町、神田、日本橋、八重洲の結節点となる。年間に1億人の来街者を目指し、東京に来たら必ず立ち寄る場所にする」と意気込みを語る。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら