日経 xTECH有料会員限定 現在はどなたでも閲覧可能です

就業人口の減少と労働者の高齢化に悩む建設業界。将来の担い手不足が確実視されるなか、国も業界も生産性向上に邁進している。その切り札として期待されるのがICT(情報通信技術)。土木の3次元データ利用のプラットフォームとなる「CIM」の活用が少しずつ始まっている。


 建設現場で、ICTの活用が進んできた。例えば、造成などの土工事の現場。設計図を「ICT建機」に取り込んで動かし、設計通りの盛り土を築く。その出来形を、レーザースキャナーを積んだドローン(無人航空機)で上空から計測する。施工でも測量でも、ICTを活用すれば、作業にかかる人手や時間を大幅に削減できる。こうした生産性向上の取り組みが徐々に広がりつつある。

鹿島の実験フィールドでのデモンストレーション。トラックとブルドーザーはMC(マシンコントロール)と呼ぶ技術を利用し、自律的に動いている
[画像のクリックで拡大表示]

 これらの技術のカギになっているのが3次元データだ。例えばICT建機は、3次元の設計データを取り込めば、盛り土の仕上がり面でブレードやバケットなどを自動的に停止する制御機構を持つ。仕上がり面に到達したかどうかは、GNSS(GPSなどの衛星を用いた測位システムの総称)などでブレードやバケットの3次元座標を把握し、判断するわけだ。

 このように、生産性向上に3次元データの活用は有効だが、まだ一部で使われているにすぎない。その理由の1つが、データに関する基準類の整備が十分でない点だ。公共事業では発注者、設計者、施工者が別々なので、基準が決まっていなければ、設計者が納品したデータを施工者が活用できないことが起こり得る。

 それを解決するのが、「CIM」(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)だ。CIMとは測量、設計、施工、維持管理という全プロセスで、同じ3次元データを共有し、品質や生産性の向上を図る取り組み。国土交通省が中心となって、基準の整備などを始めている。