世の中には「不都合な真実」が数多く隠されている。明るみに出て広く知られると関係者が困った事態に陥るため、どんなに真実で重要な事実であっても関係者によって隠匿されてしまったり見て見ぬふりをされてしまったりする。そんな不都合な真実は我らがIT業界やIT部門にも多数ある。今回の「極言暴論」ではその最たる例をご紹介しよう。

 日本企業のIT投資が、欧米企業どころか新興国の企業と比べてもダメダメなのは周知の通りだ。例示するまでもないと思うが、ERP(統合基幹業務システム)やクラウドサービスなど出来合いの製品を積極的に使おうとせず、愚にもつかない独自仕様のシステムにこだわり続けるのは日本企業ぐらいだ。

 で、その原因を突き詰めると「日本企業の経営者の多くがITを分からないから」という結論になる。ここまでの話は当然、不都合な真実でも何でもない。大企業のIT部長に会えば「うちの社長はITに理解がなくてねぇ」といった嘆きを聞く羽目になるし、SIerからは「お客さんの経営者が困った人で……」などといった“陰口”を聞かされたりする。

 もちろん、日本企業の経営者がITを分からないという事態は大問題だ。ITオンチの歴代サラリーマン社長に率いられてきた大企業は、デジタルの時代になり軒並み競争力を落とした。十数年前に「ネットビジネス(今で言うデジタルサービス)など虚業だ」とシニカルに語っていた家電メーカーに至っては、新興国企業の子会社に成り果てた。

 一刻も早く経営者にITを分かるようになってもらわなければならない。今の経営者にそれを求めるのが「八百屋で魚を求める」ようなものならば、とっととITを分かる人物に差し替えたほうがよい。私も極言暴論で何度も主張してきたし、ユーザー企業、IT企業を問わずIT関係者の共通の願いだと見なされてきた。

 ところが、である。ITオンチの経営者の存在はIT部門やSIerにとっては大歓迎だったのだ。つまり言っていることと本音は違う。これこそが不都合な真実だ。恐らくここまで読んで「そんなばかな」と不審がる読者と「何だ、そんなことか」と拍子抜けする読者がいると思うが、話にはまだ先がある。

 特にSIerにとっては、日本企業の経営者の多くがITを分かるようになると大変な事態に立ち至る。ご用聞きに基づく人月商売は存続の危機にさらされるのだ。だからSIerの幹部は本音では、客の経営者にはあまり賢くなってもらいたくない。できればITオンチのままでいてほしい。だがもちろん、それはかなわぬ願いである。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら