ユーザー企業のIT部門やITベンダーを問わず、技術者の中には被害者意識の塊のような人が多い。例えばユーザー企業の技術者なら「うちの社長がITを分からないからIT部門の重要性が理解できない」「事業部門に必要性を理解してもらえずにシステムを刷新できない」などと、社長や事業部門の無理解を嘆くのが定番だ。

 ITベンダーの技術者の場合、嘆きや怒りの中身を一言で表現すれば「客はアホ!」である。今や多くのユーザー企業のIT部門は劣化し、素人化している。これも当該のIT部員に言わせれば「ITに無理解の社長が悪い」のだが、SIerの技術者はこの素人化したIT部門がとんでもないモンスターだと嘆いたり怒ったりする。

 SIerなどのITベンダーの技術者からすると、素人化したIT部門ほどたちが悪いものはない。「システム開発プロジェクトの途中で隠れた要件の実装を強要してくる」「保守運用でも『カネを払ってんだから、これもやれ、あれもやれ』と無理難題を押し付けてくる」などと赤ちょうちんで客の悪口を言い合って、留飲を下げている技術者は多いはずだ。

 今回の記事ではタイトルに「何でも他人のせいにする技術者よ、もういいかげんにしなさい!」と付けたため、冒頭から「木村はいったい何を書くつもりだ」とお怒りモードの読者も多いと思うが、私に対する怒りは少し静めてほしい。ITに無理解な社長やモンスター化した客に対する嘆きや怒りは誠にごもっともである。

 私もこの「極言暴論」で何度もしつこいぐらい、経営者のITへの無理解から生じるユーザー企業の諸問題、そしてIT部門の劣化、素人化が人月商売のIT業界に及ぼす悪影響などをたたき斬る記事を書いてきたので、その嘆きや怒りに正当性があることはよく認識している。ましてその結果として、自分たちがプロジェクト炎上などの実害を受けるなら、大いに怒って当然である。

 もう少し言えば、実害は技術者たちが被る災難だけにとどまらない。ユーザー企業、特に経営者のITに関する理解の無さはその企業にとっても致命的である。システムにいくらカネをかけても生産性は上がらず、デジタルへの対応にも出遅れる。その結果、日本全体が他の先進国や新興国に劣後してしまう。

 そんなわけなので、ITを利用する側、特にユーザー企業の経営者はもっと勉強する必要がある。クルマを買うのにエンジンなどの詳しい内部構造を知る必要はないが、どのようにして動くのかという基本原理ぐらいは知り、何の目的で使うのかも明確になっている必要がある。そんな当然の理解がITやシステムにも必要なのに、それが欠落しているとはいかなることか。

 だけどねぇ。ここからが本題だが、そうすると「技術者としての責任」はどうなるのだ。ユーザー企業のIT部門やSIerで、「社長が悪い」「客がひどい」と嘆いたり怒ったりする技術者たちはその後でこう付け加える。「だから仕方が無い」と。システムがろくでもないのも、プロジェクトが大炎上するのも全て他人のせい。自分たちは被害者というわけだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら