「CIO(最高情報責任者)なんてアルファベット3文字でかっこよさそうだが、あれはねぇ、役員にとっては貧乏くじだよ」。以前、ある大企業でCIOではない役員に真顔で言われて面食らったことがある。

 その時は理由を聞く時間が無かったので、なぜ貧乏くじなのかがなぞのままだったが、つい最近、別の企業で全く同じ話を聞いて驚いてしまった。その場で理由もようやく判明。要は、取締役クラスの企業幹部にとって、CIOを引き受けると、「IT部長やIT部員が日ごろ愚痴っているのと同じ状況」を背負い込むことになるのだ。

 と書いても大半の読者は何のことか全く理解できないと思うので、順を追って説明する。まず日本企業、特に大企業にとって「CIOとは何ぞや」、である。読者もよくご存じと思うが、日本企業で「CIO」の肩書を持つ役員はごく少数だ。そこで問題になるのが「CIOの役割を果たす幹部は誰か」である。

 一番分かりやすいのは、IT部長がCIOの役割を果たすケースだ。大企業ならIT部長が「執行役員」の肩書をもらっている場合が多く、そうなると、なおさらCIOっぽい。だが企業によっては、その上に「もう一人のCIO」がいるケースもある。

 取締役クラスの役員が他の役割と兼務でITも担当するような場合だ。例えば「常務取締役財務担当(兼)人事担当(兼)……(兼)IT管掌」といった具合に、幾つもの役割を兼務する。注目してほしいのは複数の肩書のうち、IT担当やIT管掌は付け足しのように最後に来る点だ。

 そんな企業では必ず「どちらがCIOだ」という話になる。建前上は一応、経営サイドと技術サイドのそれぞれからIT戦略を推進することになっているのだが、取締役クラスのIT担当役員はITを分からず、執行役員のIT部長は経営が分からない。結果、CIOの役割を担うはずの幹部が2人いるのに、2人合わせても一人前のCIOにはならない。

 で、記事冒頭の「CIOは貧乏くじ」発言の主(ぬし)は取締役クラス、つまり経営サイドからIT戦略を推進する立場にある役員である。貧乏くじである理由は「ITを担当しても自分の得点になるような機会が無いだけでなく、情報漏洩やシステム障害などのトラブルが起こると失点になるばかりか、批判の矢面に立たなければならない」からだ。

 お分かりだろうか。「CIOは貧乏くじ」発言は「システムをトラブル無く動かしても全く評価されない。反対に何かあると怒られる」といったIT部長やIT部員たちのぼやきと同レベルなのだ。本物のCIOなら、そんなアホな発言はしない。その意味でもCIOの役割を担うはずの幹部が2人いたところで、CIOの役割は果たせない。全くの無駄だ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら