日本企業のIT活用の問題点は数多いが、最大の弱点として必ず指摘されるのは内製力、つまりシステム開発力の無さ。「米国では多くの企業がシステムを内製する。一方、日本では大企業でもITベンダーに丸投げする。この違いこそが、日本企業のIT活用を劣後させ、グローバルでの競争力を落とす要因だ」。もう随分前から日本企業のIT部門のOBや識者たちはそんな主張を続けてきた。

 一見もっともらしい主張だが、本当にそうか。過去にこの「極言暴論」で、この主張はOBや識者の妄想にすぎないと断じたが、最近になって私の論はさらに“過激化”している。今回の記事のタイトル通り、いまだに内製力を保持し続けているIT部門やシステム子会社は切り捨てるなり解体再編したほうがよい、というものだ。今や内製力のあるIT部門やシステム子会社は企業のIT活用にとって障害以外の何物でもない。

 「さすがに今回の暴論はおかしい! 木村は何を訳の分からないことを言っているのか」と怒る読者は多いと思うが、これは冷厳な事実だ。もちろん「デジタル」という名の新しいIT技術をビジネスに活用して、業績を伸ばしている企業は対象外。想定しているのはトラディショナルな企業、特に大企業のIT部門やシステム子会社である。言い換えれば、トラディショナルな基幹系システムなどに関する内製力の話だ。

 こうした大企業のIT部門やシステム子会社は、というかシステム子会社が大半だろうが、他の企業のIT部門がどんどんシステム開発力を失い、システム子会社も内製力を喪失させたりITベンダーに売却されたりするなか、内製力を保持して生き残ってきた。冒頭のIT部門のOBや識者らからすれば“希望の星”だろうが、私に言わせれば今や企業のIT活用の阻害要因でしかない。

 IT部門やシステム子会社は抵抗勢力とよく言われるし、もちろん私もそう断言しているのだが、内製力を喪失させたIT部門やシステム子会社は社内・グループ内でさほど力は無い。一方、内製力を保持するIT部門やシステム子会社では、IT要員が自ら手を動かして基幹システムなどの面倒を見てきた。後で書くが、それゆえにシステム刷新などの際に、新しい取り組みに対する最強の抵抗勢力と化したりするのだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら