米アップル(Apple)が2016年モデルで発売した「iPhone 7」以降、スマートフォンからイヤホン端子(フォーンジャック)を取り除く流れが続いている。Androidスマートフォンでもイヤホン端子がなくなり、USB Type-Cの接続アダプターが付属するモデルもある。

 アップルは、ついにiPad Proからも2018年モデルでイヤホン端子を廃止した。しかもUSB Type-Cコネクターに変更し、iPhoneに付属するLightning接続のイヤホンマイク「EarPods」すら接続できなくなった。

 USB Type-Cのハブではイヤホン端子を装備した製品が増え始めており、イヤホンやディスプレー、アクセサリーごとにアダプターを用意するより、こうしたハブで済ませたほうが経済的でシンプルだ。

 アップルがイヤホン端子を廃止するのは、同社がウエアラブル戦略で「Apple Watch」と共に重視するワイヤレスイヤホン「AirPods」の存在が大きい。

AirPodsは2年のアドバンテージ

 AirPodsは、アップルが独自開発した「W1」と呼ぶワイヤレスチップを搭載する。これにより、左右が完全に独立した非常に小さなデバイスながら5時間の連続再生時間を実現している。付属の専用ケースもバッテリーを内蔵し、収納しながら充電できるため、トータルの再生可能時間は24時間に達する。

 さらにiPhoneなどと一度ペアリングすれば、同じApple IDでログインした他のデバイスでも、ペアリング作業なしでそのまま利用できる。Bluetoothを用いたワイヤレスイヤホンで面倒なバッテリー充電とペアリングの2つの課題を解決した製品だった。

 このAirPodsが世界中で売れている。日本ではおよそ毎月10万台程度販売されているとみられ、量販店におけるモデル別の販売数ではトップに張り付いている。在庫も少なく、入荷してもすぐになくなる状態だ。日本に限らず、世界各国で似たような状況が起こっているという。驚くべきことにAirPodsの発売は2016年秋である。すでに2年が経過したにもかかわらず、好調を維持している。

 AirPodsがこれだけ長期間にわたって人気を保てた背景には、アップルの技術的なアドバンテージがある。前述したペアリングの機能については同社製品間における融通の結果と言えるが、完全に独立したイヤピースの小型化と、長時間の連続再生の両立はこれまで技術的に困難だった。

 アップルがAirPodsでどのような工夫を凝らしてきたかは、ワイヤレスチップ最大手の米クアルコム(Qualcomm)の動きから読み取ることができる。

 クアルコムは2018年、「Qualcomm TrueWireless」と呼ぶ次世代ワイヤレスオーディオ向けの仕組みを発表した。以下の2つの規格がある。

  • TrueWireless Stereo:左右のどちらかのイヤホンをプライマリーとしてスマートフォンからステレオの音声を送り、プライマリーからセカンダリーに片チャンネルの音声を送ることで完全ワイヤレスオーディオ再生を実現
  • TrueWireless Stereo Plus:スマートフォンと左右のそれぞれのイヤホンが通信し、双方が同時に片チャンネルの音声を受信することで、10%のバッテリー寿命の向上、低遅延などを実現

 TrueWireless Stereo Plusはクアルコムの「QCC302x」や「QCC5100」といったチップを採用したワイヤレスイヤホンと、同じく「Snapdragon 845」を搭載したスマートフォンの間で実現する。バッテリー寿命の向上だけでなく、低遅延の実現は特にビデオの視聴やゲームのプレー時に重要となる。

 翻って、AirPodsはどうか。アップルがiPhoneと共に2016年に実現したのは、左右独立で音声を受信するTrueWireless Stereo Plusに近い技術とみられる。AirPodsは左右のイヤピースのバッテリーが均等に減少していく。どちらかが親機で通信の負担がかかっている様子はなく、左右両方と通信していると推測できる。アップルが2年のアドバンテージを維持できた理由もここにあると言える。

 しかもTrueWireless Stereo Plusは、スマートフォンがSnapdragon 845を搭載していなければ利用できない。対応製品が出そろってきても、iPhoneユーザーにとってはAirPodsの競合とならないことになる。