他を圧倒する大型のウーファーに、7個のツイーター。分解によって、米アップル(Apple)らしいこだわりを随所に見つけることができたAIスピーカー(スマートスピーカー)「HomePod」。では、AIスピーカーの肝とも言えるマイク部分にはどんな特徴があるのか。AIスピーカーの“聞き取り”の専門家であるフェアリーデバイセズ 代表取締役CEOの藤野真人氏に解説してもらった。同社は音声認識・音声対話技術といったソフトウエアから業務用AIスピーカーといったハードウエアまで、音声認識に関わる開発を手掛けるベンチャー企業である。

HomePodのマイク基板。「CX20810-11」が2個実装されている(撮影:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

 HomePodのマイクは6個あり、"胴体"の真ん中辺りにぐるりと配置されている。3個ずつ約16cmほどのフレキシブル基板でつなげ、それぞれのフレキシブル基板はマイク基板のコネクターに接続されている。

 藤野氏が最初に確認したのは、マイク基板に実装された部品だ。載っていたのは「CX20810-11」という型番が書かれた2個のチップ。2017年に米シナプティクス(Synaptics)が買収した米コネクサントシステムズ(Conexant Systems、以下コネクサント)の製品だ。同社の製品は、LINEの「Clova WAVE」も搭載している。

Clova WAVEのオーディオ関連の基板。音声処理SoC「CX20924」(写真左下が拡大図)を搭載している(撮影:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

 「コネクサントと言えば、古参の音声処理ICメーカーだ。音声認識技術で有名な米ニュアンスコミュニケーションズ(Nuance Communications、以下ニュアンス)と一緒に開発してきた。コネクサントの音源分離技術『SSP(Sound Source Pick-up)』には、音が若干ひずむという特徴があり、音声認識に使いづらいケースがある。ただし、そもそもコネクサントの音源分離技術を使ったデータで学習してきたニュアンスの音声認識AIであれば相性はいい。HomePodも使っている音声認識のSiriでは、ニュアンスの音声認識技術を使っているとされており、HomePodがコネクサントを採用するのは理にかなっている」(藤野氏)。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら