“中身”の作りが最もしっかりしていると評価されたAmazon Echo(写真:加藤 康、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

 AIスピーカー(スマートスピーカー)はいわゆる“高級オーディオ”ではない。しかし、音楽再生も主用途の一つ。「スピーカー性能」が気になっている読者も多いだろう。今回の分解からは3機種のスピーカー構造に大きな違いがあることが見えてきた。

 そこでオーディオビジュアル機器に詳しいデジタルメディア評論家の麻倉怜士氏に、AIスピーカーの分解品を見てもらいつつ話を聞いた。ただし、実際の製品の音質評価ではないことに留意していただきたい。

 結論を先に言おう。「売れているのも納得。小型オーディオとしては過剰なほど」と麻倉氏が表現したのは、米アマゾン・ドット・コム(Amazon.com)の「Amazon Echo」。一方、「小型・軽量なのに低音が出るという、今重視される“魅力”を打ち出すことを狙った」(麻倉氏)と思われるのは米グーグル(Google)の「Google Home」。LINEの「Clova WAVE」については、「いわばトイ(玩具)ライク。スピーカーとしてはコストを抑えているようだ」と麻倉氏は評価した。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら