国土交通省が整備を進める西九州自動車道の松浦佐々道路(延長19.1km)の事業費が、約110億円増えて907億円となることが分かった。軟弱地盤への対応などでトンネルの補助工法や橋の基礎形式を見直したことが主な要因だ。

 国交省九州地方整備局が2019年11月26日に開いた事業評価監視委員会で再評価の結果を明らかにした。

設計を見直した例。松浦佐々道路の松浦8号橋では、橋脚の一部で基礎形式を直接基礎から杭基礎に変更する。青い一点鎖線が予備設計時の推定支持層。赤い破線が詳細設計に伴う地質調査の結果から推定した支持層(資料:国土交通省)
[画像のクリックで拡大表示]

 松浦佐々道路は、長崎県内を通る松浦インターチェンジ(IC)から佐々ICまでの区間を指す。2016年に着工し、19年3月時点の事業の進捗率は約12%。開通時期は未定だ。

 事業費の増額分のうち、約50億円は松浦1号・2号トンネルの詳細設計で追加した補助工法による。

 当初の設計では、過去の文献や近隣を走る伊万里松浦道路でのトンネルの施工実績を基に、地山を想定していた。しかし、詳細設計に当たって実施した地質調査の結果、乾燥と吸水の繰り返しで土砂化する「スレーキング」を起こしやすい泥岩が堆積していることが判明。トンネルの掘削時に地山が変形する可能性があった。さらに、玄武岩層では風化による亀裂が多く生じ、軟弱化していることも分かった。

西九州自動車道の松浦佐々道路と伊万里松浦道路の位置図。伊万里松浦道路でのトンネル工事の実績などを基に、松浦1号・2号トンネルの工事費を設定していた(資料:国土交通省)
[画像のクリックで拡大表示]

玄武岩層の地質調査の結果。亀裂が多く入っている。黄色の枠に囲まれた箇所は、風化により軟弱化した玄武岩(資料:国土交通省)
[画像のクリックで拡大表示]

 そこで、インバートの設置に加え、切り羽の前方に鋼管を打ち込んで薬液やセメントミルクを注入する「フォアパイリング」などの補助工法で、地山を安定させることにした。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら