熊谷組と東京工業高等専門学校は、遠隔操作するオペレーターが建設機械の傾きや振動をリアルタイムで感じられる「無人化施工VR技術」を共同で開発した。災害復旧工事などで、無人化施工の効率化や安全性向上を図れる。熊谷組は、2020年度に現場での実用化を目指す。

無人化施工VR技術で建設機械を遠隔地で操作する様子(写真:熊谷組)
[画像のクリックで拡大表示]

 開発した新技術では、建設機械のコックピット内などに取り付けた360度カメラと加速度センサーで映像と音、建設機械の動きを記録し、遠隔操作室へ転送する。同操作室ではヘッドマウントディスプレー(HMD)で映像を再生すると同時に、3自由度モーションベースによって建設機械の動きや振動を再現する。東京工業高等専門学校が開発した、選手目線の映像や動きを再現したスポーツ観戦システム「シンクロアスリート」を応用した。

無人化施工VR技術の仕組み(資料:熊谷組)
[画像のクリックで拡大表示]

 コックピット内に設置した360度カメラだけでは後方が見えづらいため、建機上部にも後方を見るためのカメラを取り付ける。HMDを着けた状態で後ろを振り向けば、映像が後方用のカメラに自動で切り替わる仕組みだ。

建設機械のコックピット内に取り付けた360度カメラ(写真:熊谷組)
[画像のクリックで拡大表示]

 加速度センサーは前後、左右、上下の6軸の加速度を記録する。「映像や動きの再現には1秒に満たない程度の遅延があるが、操作に大きな影響はない」と熊谷組土木事業本部ICT推進室の北原成郎室長は話す。

遠隔操作室。座席の下の3自由度モーションベースで建設機械の動きを再現する(写真:熊谷組)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら