リニア中央新幹線の2027年開業が遅れる可能性が高まってきた。南アルプストンネル静岡工区が大井川の流量減少を巡って着工できずにいる問題で、事態の打開に動いた国土交通省を静岡県の川勝平太知事が痛烈に批判。問題解決の糸口をつかめない状態が続いている。

リニア中央新幹線の2027年開業が遅れる可能性も(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 川勝知事が国交省への不満をぶちまけたのは、19年11月6日の定例会見。対立する静岡県とJR東海との間の調整に乗り出した国交省鉄道局に対し、「議論を仕切る器に欠ける」と繰り返し非難。国交省で鉄道局長を務めた藤田耕三事務次官と同省の水嶋智鉄道局長を名指しして、「東京大学法学部卒の文系上がりなので、技術的なことについては専門家ではないと危惧されている」と言い放った。

 その6日前の10月31日、国交省と静岡県、JR東海の3者は、国交省が主導する新たな協議の場で問題解決を図る方針を確認。協議の進め方などを文書にまとめることで合意した。国交省は11月6日、その合意に基づいて、大井川流域の島田、掛川、藤枝、焼津の4市に幹部を派遣。地元の意見を聞くため、市長らと会談した。

 ところが、同日に開いた会見で川勝知事は、10月末の3者会談の在り方を問題視。静岡県が合意に関する情報を事前にメディアに漏らしたとして、国交省鉄道局の幹部が静岡県の幹部を約45分間にわたって罵倒し続けたと主張。「県の職員を侮辱するのは絶対に許さない」と語気を強めた。そのうえで、国交省の河川部門や環境省を新たな協議の場に加えるよう、国交省に要求した。

 これに対し、3者会談に出席した国交省鉄道局の幹部は、川勝知事の発言を否定。静岡県の幹部が情報漏洩を認めて陳謝したと明かし、円滑な調整と信頼関係の構築に向けて静岡県に情報管理の徹底を求めたが、罵倒はしていないと反論する。

 赤羽一嘉国交相も11月8日の会見で、「必要に応じて関係省庁や関係部局などの知見を活用しながら、鉄道局にしっかりと対応させていきたい」と、川勝知事の要求に応じない考えを明らかにした。

 国交省は、川勝知事の発言の真意を探りながら、今後も協議への関与を続ける方針だ。しかし、静岡県が国交省の調整に応じなければ、協議の停滞は避けられない。

リニア中央新幹線は静岡県北部の山岳地帯を長大トンネルで貫く計画だ。同県内の延長は約11km。そのうち、静岡工区は約9km。JR東海の資料を基に日経コンストラクションが作成
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら