清水建設は2019年7月24日、洋上風力発電施設を施工する世界最大級の作業船の建造に着手すると発表した。投資額は約500億円で、22年10月に完成する予定だ。同社はこれを足掛かりに再生可能エネルギー事業を拡大していく。

自航式SEP船で風車を建設する様子のイメージ(資料:清水建設)

 建造するのは自航式のSEP(Self Elevating Platform)船と呼ばれる自己昇降式作業船だ。海底に4本の脚を伸ばして船体をジャッキアップすることで、波の影響を受けずに洋上で施工できる。エンジンを搭載して自力で航行するので、非自航式船のように他の船と接続したり連絡を取り合ったりする必要がない。海底に杭を打って風車を固定する着床式の洋上風力発電施設の施工に使う予定だ。

自航式SEP船の大きさ。4本の脚を海底に着床させて船体を持ち上げる(資料:清水建設)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら