43人が死亡したイタリア・ジェノバのポルチェベーラ高架橋(通称「モランディ橋」)崩落事故から約4カ月が過ぎた2018年12月18日。ジェノバのマルコ・ブッチ市長は橋の再建に向けて、世界的建築家であるレンゾ・ピアノ氏のデザインを採用したと発表した。総工費は2億200万ユーロ(約260億円)を見込む。

新橋の完成予想図。渡河部は他の箇所よりもスパンが大きい(資料:Renzo Piano Building Workshop)
[画像のクリックで拡大表示]

新橋の完成予想図。橋の西側から東を望む(資料:ジェノバ復興委員会)
[画像のクリックで拡大表示]

 再建する橋の全長は、以前と同じ1100m。構造家の故リッカルド・モランディが設計した旧橋は11径間のプレストレスト・コンクリート(PC)橋だったが、新橋は20径間の鋼橋とする。径間長は大半が50mで、ポルチェベーラ川と鉄道をまたぐ2径間分のみそれぞれ100mだ。以前は片側2車線だったが、新橋は片側3車線になる。
(関連記事:「21世紀最悪の落橋」独自CGで崩壊過程を探る
(関連記事:イタリア「モランディ橋」はなぜ落ちた?

 ジェノバ出身のレンゾ・ピアノ氏は、仏パリのポンピドゥー・センターなどの設計で知られる。日本では関西国際空港旅客ターミナルビル、東京・銀座のメゾン・エルメスの設計を手掛けた。土木分野では、熊本県天草市にある「牛深ハイヤ大橋」のデザインを担当した。同橋は1997年度に土木学会田中賞を受賞している。

再建案を発表するジェノバのマルコ・ブッチ市長(左から2番目の人物)。「ジェノバにとって大きな一歩だ」と語った(資料:ジェノバ市)
[画像のクリックで拡大表示]

崩落したポルチェベーラ高架橋(写真:Vigili del Fuoco)
[画像のクリックで拡大表示]

ポルチェベーラ高架橋は高速道路A10号のジェノバ―サボーナ間に位置する。取材を基に日経コンストラクションが作成
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら