西日本高速道路エンジニアリング中国は、トンネル点検で従来必要だった3台の車両の機能を1台に集約した「E-マルチ点検車」を開発した。

複数の作業台を装備しているE-マルチ点検車。トンネルのセンターから側壁までの点検は、これまで3台の点検車を用いて実施していたが、それを1台で可能にした(写真:西日本高速道路エンジニアリング中国)
[画像のクリックで拡大表示]

 西日本高速は現状のトンネルの詳細点検で、片側1車線を交通規制し、センター側と側壁、その中間を、高所作業車3台と路面班で対応している。点検には、点検員や運転手、交通監視員など計19人を要していた。

 開発した点検車では、高さを自由に変えられる作業台を複数、装備しており、車両1台で側壁からセンターまでの点検をカバーできる。車両数が3台から1台に減ることに伴い、交通監視員と運転手、点検補助作業員がそれぞれ2人ずつ減る。追尾警戒車が必要になり運転手が1人追加されるものの、総作業人員は14人になり、5人分のコスト削減につながる。

現状とE-マルチ点検車を使用した場合の総人数比較(資料:西日本高速道路エンジニアリング中国)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら