鹿島は、普通セメントの60~70%を高炉スラグ微粉末で置き換えた低炭素型の「ECMコンクリート」を、臨海部にある施設の基礎補強工事に適用した。2014年に開発して以降、建築物では9件の実績があるが、土木構造物への適用はこれが初となる。

ECMコンクリートの打ち込み状況。ECMコンクリートはNEDOのプロジェクトとして、竹中工務店、鹿島、デイ・シイ、日鉄住金高炉セメント、東京工業大学、太平洋セメント、日鉄住金セメント、竹本油脂が共同で開発した(写真:鹿島)
[画像のクリックで拡大表示]

 ECMコンクリートは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のプロジェクトとして、1大学7社で共同開発した。銑鉄の製造過程で生じる副産物の高炉スラグ微粉末を利用することで、高温焼成して作るセメントの量が少なくなるため、製造時のエネルギー消費量とCO2の排出量を減らせる。CO2の排出量は一般的なコンクリートと比較して60%程度低減する。

 品質面での特徴は、高い耐久性だ。高炉スラグ微粉末が水和反応することで表面が緻密になるため、遮塩性が高くなる。塩害による鉄筋の腐食に対する寿命は、普通セメントの1.5倍だ。さらに、セメント中に含まれるアルカリ量が一般のセメントに比べて少ないため、ひび割れの原因となるアルカリシリカ反応も抑えられる。

製造時のCO2排出量の比較(資料:鹿島)
[画像のクリックで拡大表示]

塩害による鉄筋腐食に対する寿命の比較。水セメント比50%、かぶり13cm、表面塩化物イオン濃度7.5kg/m3(資料:鹿島)
[画像のクリックで拡大表示]

 強度と施工性は普通コンクリートと同程度だ。強度については、研究段階でセメントの組成を調整して改良。粘り気については、専用の化学混和剤を用いることで改善した。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら