観光資源としても知られる黒部ダム(富山県立山町)まで、関西電力が保有する物資輸送用のトンネル内をトロッコ列車やケーブルカーなどで結ぶ「黒部ルート」が、新たに一般開放されることになった。富山県と関西電力が10月17日に協定を締結した。安全対策などの工事を経て、2024年6月から最大で年間1万人の観光客を受け入れる計画だ。

インフラツーリズムの先駆けとも言える黒部ダム。アーチ式のコンクリートダムで、堤高186m、堤頂長492m。1963年に完成した(写真:関西電力)
[画像のクリックで拡大表示]

 これまで、黒部ダムに向かう観光ルートは「立山黒部アルペンルート」だけだった。新たな観光ルートの開放で、県が進める立山黒部の「世界ブランド化」を後押しする。

 黒部ルートは、黒部峡谷鉄道の欅平駅(富山県黒部市)と黒部ダムを結ぶ延長約18kmの輸送路だ。1939年に貫通した「高熱隧道(ずいどう)」と呼ばれるトンネルを含め、ほぼ全線が地下を通る。

黒部ルートの位置図。黒部ダムに向かう従来の「立山黒部アルペンルート」のほかに、もう1つの観光ルートが加わる(資料:関西電力)
[画像のクリックで拡大表示]
関西電力が開催している黒部ルート見学会の行程(資料:関西電力)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら