建設会社の買収などで急成長したものの不祥事をきっかけに経営難に陥り、10月1日に東京地裁に民事再生法の適用を申請したエム・テック(東京都中央区、登記上はさいたま市)が、再建を断念して破産続きに入ることになった。同社が10月22日に明らかにした。

エム・テックが入居する東京都中央区のビル(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

 10月5日に民事再生手続き開始決定を受けたばかりだったが、経営再建を支援するスポンサーを見つけることができなかった。

 10月4日に開いた債権者集会では、発行済み株式の8割近くをグループで保有する冨士工(東京都品川区)をスポンサーとして再建に取り組む方針を示していた。しかし、スポンサー候補と期待していた冨士工の支援を得ることができず、代わりの候補も見つけることができなかった。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら