国土交通省九州地方整備局は、歩道を横切っていた工事用の電源コードで自転車が転倒し、乗っていた30代の男性が腕を骨折した事故で、コードを置いた岡上建設(福岡県上毛町)を10月5日から2カ月の指名停止とした。段差をなくすための保護材を設置していなかった。

事故現場の概要
(資料:国土交通省九州地方整備局)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社が担当しているのは、山国川河川事務所から約1億円で受注した「山国川管内河川維持管理工事」。約49万m2にわたる河川区域の除草と、護岸の応急補修などを行う。

 今年8月31日、大分県中津市本耶馬渓町を流れる山国川の右岸に沿った片側1車線の市道のうち、「青の洞門」と呼ばれるトンネルの近くで事故が起こった。当時、市道脇の護岸で剥がれた修景ブロックを張り直すため、護岸に残っている接着剤を電動工具で除去していた。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら