前田建設工業は竹本油脂(愛知県蒲郡市)の協力の下、セメントを一切使わないジオポリマーを圧送して打ち込むのに成功した。前田建設工業によると、ジオポリマーの現場でのポンプ打設は国内で初だ。

圧送してジオポリマーを打設している様子(写真:前田建設工業)
[画像のクリックで拡大表示]

ジオポリマーの圧送状況(写真:前田建設工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 ジオポリマーは、石炭火力発電所から出るフライアッシュや製鉄所から排出される高炉スラグ微粉末などの産業副産物と、ケイ酸アルカリ溶液を混ぜることで硬化する材料だ。

 セメントを使わないため、一般的なコンクリートと比較して二酸化炭素の排出量を80%程度削減できる。また耐薬品性などにも優れ、近年、注目が集まっている材料だ。

 ただし、ジオポリマーは産業副産物を大量に使用するため、材料の品質変動に対応する必要があるほか、流動性などのフレッシュ性状を調整しなければならない。高い粘性に対する施工性の改善や運搬の効率化も課題だった。

施工に使ったジオポリマーのスランプフロー状況。平均80cm強ある(写真:前田建設工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 前田建設工業は自社のノウハウを生かし、フライアッシュなどの非晶質粉体とアルカリ溶液などの配合設計を工夫し、かつジオポリマー専用の混和剤を開発。ポンプ打設の効率化を実現した。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら