総務省の調査で、建設業では下請け会社の43.4%が発注元から代金を不当に減額されるなど「下請けいじめ」を受けていることが分かった。製造業の26.9%を大幅に上回っている。調査結果を受け、総務省は8月10日、国土交通省などに改善を求める勧告を出した。

建設業法などが禁止する行為を受けたと答えた会社の割合
回答数は建設業1070社、製造業1061社。総務省の資料を基に日経コンストラクションが作成
[画像のクリックで拡大表示]

 総務省行政評価局が昨年11~12月、建設業と製造業の中小企業を対象に、下請け取引などについてアンケート調査を実施した。建設業では下請け取引のある1070社のうち464社が、下請法や建設業法が禁止する行為を受けたことがあると回答。製造業を合わせた全体では、2131社のうち35.1%に当たる749社が禁止行為を受けたと答えている。

 禁止行為を受けたと答えた会社にその内容を尋ねたところ、建設業で挙がった上位3つはいずれも契約締結に関する義務違反だった。「書面による契約締結義務違反」が57.1%、「工事着工前の契約締結義務違反」が49.1%、「変更契約の締結義務違反」が48.5%に上る。さらに、「指し値発注」(37.3%)と「工期変更に伴う費用負担」(22%)、「下請け代金の支払い遅延」(17.9%)などが続いた。

受けた禁止行為の内容
禁止行為を受けたとする建設業464社に複数回答で尋ねた。総務省の資料を基に日経コンストラクションが作成
[画像のクリックで拡大表示]

 製造業も合わせて禁止行為を受けたと答えた749社のうち、国などの相談窓口を利用したのは22社と、2.9%にすぎなかった。さらに、その半数の11社(50%)は「問題解決につながらなかった」と回答している。

 相談窓口に対する要望では、「相談しても、親事業者から報復されないようにしてほしい」とする回答が20.3%と最も多かった。「もっと相談窓口の存在を告知するか、国からもっと出向いて欲しい」とする意見が19.5%で続いた。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら