宮城県が塩釜漁港で進めている防潮堤工事で、掘削した岩山が30年ほど前の漁港埋め立て時に保存を約束した島の一部だったことが市民の指摘で分かった。県は指摘のあった7月10日に掘削を中断し、残った部分の保存方法や残工事の対応について検討している。

掘削を中止した竜頭島。7月11日に北の臨港道路側から撮影した(写真:宮城県仙台地方振興事務所)
[画像のクリックで拡大表示]

 指摘を受けたのは、塩釜市新浜町で進めている「塩釜漁港新浜町三丁目岸壁災害復旧外工事」。海抜3.3mの防潮堤(延長429m)のほか、岸壁(延長538m)や臨港道路(延長570m)を整備する。

着工前の竜頭島。北側の臨港道路から撮影した(写真:宮城県仙台地方振興事務所)
[画像のクリックで拡大表示]

 掘削した岩山は「竜頭島」と呼ばれ、漁港整備に伴う1980年代の埋め立て時に残した小さな島の一部に当たる。埋め立て時に取り崩す予定だったが、市民からの要望で陸地の一部として残していた。岩山の大きさは、高さ約6m、長さ約15m、幅約10mだった。

竜頭島と防潮堤の位置。黄色い点線が竜頭島で赤い太線が防潮堤の設置位置。黄色い太線で囲った迂回路は、竜頭島保存のために整備を中止する(資料:宮城県仙台地方振興事務所)
[画像のクリックで拡大表示]

 防潮堤に遮られて行き止まりになる臨港道路に迂回路を設けるため、7月6日から重機を入れて岩山の掘削を始めた。中断するまでの間に、岩山全体の約4分の1を崩していた。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら