仙台市地下鉄南北線が4月18日に停電で6時間にわたって運行を停止した事故は、盛り土の変状で側溝(トラフ)が沈下し、下を横切っている送電ケーブル(き電ケーブル)が損傷したことが原因だったことが分かった。仙台市が7月2日までに明らかにした。

4月18日に漏電事故が発生した仙台市地下鉄南北線の八乙女駅付近(写真:仙台市)
[画像のクリックで拡大表示]

 ケーブルの損傷があったのは八乙女─黒松間の八乙女駅(泉区)付近の地上区間で、開通前年の1986年ごろに整備された。近隣の八乙女変電所から架線に送電するケーブルが損傷して4月18日午後5時14分ごろ漏電し、停電が発生した。

■位置図
仙台市の資料に日経コンストラクションが加筆
[画像のクリックで拡大表示]

 市は交通局職員で構成する事故調査委員会を設置し、5~6月に2回の会合を開いて事故の原因を調べた。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら