JR東海は、リニア中央新幹線の大深度地下トンネル工事第2弾となる愛知県内の坂下西工区の施工者に安藤ハザマ・不動テトラ・福田組JVを選定した。この工区の中間に設ける神領非常口は、安藤ハザマ・不動テトラJVに決定。6月13日に両工事の契約を締結した。

坂下西工区と神領非常口の位置(資料:JR東海)
[画像のクリックで拡大表示]

 坂下西工区は、岐阜県と名古屋をつなぐ第一中京圏トンネル(延長34.2km)の一部で、愛知県春日井市内に設ける坂下非常口と勝川非常口を結ぶ。延長10.1kmで、土かぶりは最大約100m。シールド機で外径約14mのトンネルを掘削する。設計・施工一括契約で、工期は2026年3月15日まで。

 神領非常口は大深度地下トンネルに約5km間隔で設ける非常口の1つだ。直径約37m、深さ約73mのたて坑をニューマチックケーソン工法で掘削する。工期は22年6月30日まで。

大深度地下トンネルと非常口(資料:JR東海)
[画像のクリックで拡大表示]

 大深度地下トンネルの建設に当たり、JR東海は「大深度地下の公共的使用に関する特別措置法」(大深度地下使用法)の適用を受けるため、今年3月20日に国土交通大臣に適用認可を申請した。認可を受ければ、地権者などへの補償が原則として不要になる。5月には沿線住民などへの説明会を開催している。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら