東日本高速道路会社は、京葉道路の船橋インターチェンジ(IC)―武石IC間で、全体の道幅を変えず上り線側に車線を1本追加する。道路構造令の「特例の特例」を使い、中央分離帯と路肩の幅を縮小して追加車線のスペースを捻出する。今年6月から約2年間にわたって工事を進める。東日本高速が5月28日に発表した。

上り線の横断図
上が工事前で、下が工事後。路肩と中央分離帯の幅を縮小して付加車線を設置する(資料:東日本高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]

 延長約10kmの船橋IC―武石IC間のうち、車両の流入や交通量などに応じて、合計約5.3kmの範囲に付加車線を設置する。付加車線に必要な幅3.25mは、中央分離帯と上り線の路肩の幅を縮小して確保する。上下線の走行車線と追い越し車線、下り線の路肩の幅はそのままとする。中央分離帯と路肩それぞれの具体的な縮小幅は、関係機関と協議中であることから、まだ公表していない。

付加車線の設置範囲
(資料:東日本高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]

 路肩や中央分離帯の幅は、道路構造令で定められている。例えば、交通量が多い平地の自動車専用道路の場合、路肩の幅は2.5m以上と規定し、地形の制約など特別な理由があれば1.75mまで狭めることができる特例を設けている。さらに、渋滞など交通に著しい障害がある場合は、特例の規定値よりも幅を狭くすることができる「特例の特例」も設けている。

 京葉道路の路肩は、既に道路構造令の特例措置を適用して通常よりも狭くなっている。著しい渋滞を緩和するため、さらに特例として幅を狭くする予定だ。付加車線の設置工事の施工者は大林道路で、契約金額は約61億円。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら