バングラデシュの首都ダッカの都市高速鉄道(MRT)整備事業で、日本の建設会社の受注が相次いでいる。

 三井住友建設は、タイの建設会社イタリアン・タイ・デベロップメントとJVを組み、延長約4.9kmの高架軌道と4カ所の高架駅舎の建設工事を総額約287億円で受注。鉄建建設も、バングラデシュの建設会社アブドゥル・モネムと日本のプレストレスト・コンクリート(PC)橋梁メーカー、安部日鋼工業(岐阜市)とJVを組み、延長約3.2kmの高架軌道と3カ所の高架駅舎を総額約220億円で受注した。両JVは4月30日に、発注者のダッカ都市交通公社と契約した。

完成イメージ(資料:ダッカ都市交通公社)
[画像のクリックで拡大表示]

 バングラデシュは、日本の約40%の国土に世界8位の人口(約1億6300万人)を抱える。人口密度は世界有数の高さで、人口集中が進むダッカではその傾向が顕著だ。ダッカでは1990年から2014年にかけて人口が662万人から1698万へと大幅に増加。交通需要の急増にインフラ整備が追い付かず、渋滞や大気汚染が慢性化している。こうした問題を解決するため、日本の政府開発援助(ODA)を活用してMRTを建設することになった。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら