6人の死者・行方不明者を出した大分県中津市耶馬渓町の土砂崩落で、国土交通省は4月19日、現地の調査報告を公表した。報告書では崩落の要因は特定していないものの、現地調査に参加した専門家の1人は、2016年の熊本地震や17年の九州北部豪雨が影響した可能性を指摘している。

■崩壊した斜面の地質の概要
(資料:国土交通省)
[画像のクリックで拡大表示]

 土木研究所の研究員や九州大学の教員らが、崩落当日の4月11日から12日にかけて現地を調査した。

 崩壊の規模は斜面高が106m、幅200m、水平長240mで、崩壊斜面の勾配は平均約40度。上方の滑落崖の高さは30m、勾配は60~70度だ。滑り面の位置はまだ不明だが、崩壊の深さは最大で30m程度に及ぶとも考えられる。国交省は深層崩壊の可能性もあるとみている。

 豪雨や地震が直接のきっかけではない今回の斜面崩壊は、風化による岩盤の強度低下が影響して起こったとの見方が有力だ。現場の斜面の岩盤は上部が溶結凝灰岩、下部が安山岩の2層構造で、上層は広い範囲で風化が進み、節理が広がっていた。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら