■JR札幌駅新幹線ホームの整備位置案
「東案(その2)」が、有力候補となった大東(おおひがし)案(出所:鉄道・運輸機構、札幌市)
[画像のクリックで拡大表示]

 JR札幌駅に整備する北海道新幹線のホームの位置を巡って、整備主体の鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)と営業主体のJR北海道などとの間で調整が難航していた問題は、JR側の提案で2月に急きょ浮上した「大東案」(東案その2)で決着する見通しとなった。

 国土交通省と北海道、札幌市を加えた5者は3月12日、在来線ホームから離れた駅東側に新幹線ホームを設ける大東案を有力候補とすることで合意した。同案は概算工事費が645億円と、鉄道・運輸機構が推していた在来線ホームの一部を改修する「認可見直し案」よりも75億円ほど高くなる。しかしJR側が差額の負担を提案したのに加え、技術的な課題に解決のめどがついたことから、実現に向けて大きく前進した。

 5者会議は地元経済界の意見を反映させたうえで、新幹線ホームの位置を3月末までに正式決定する予定だ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら