台湾東部で現地時間2月6日午後11時50分ごろ、高層ビルが倒壊するなどの大きな被害をもたらす地震があった。現地に飛んだ菅原由依子記者が、まずは写真を中心に被害の詳細をリポートする。

台湾・花蓮市の中心部に立つ「雲門翠堤大楼」。地震によって地下1階と地上1、2階がつぶれ、大きく傾いていた。2月10日撮影(写真:菅原 由依子)
[画像のクリックで拡大表示]

 死者が多く出た高層ビル「雲門翠堤大楼」は、遠目からも分かるほど大きく傾いていた。台湾東部で2月6日午後11時50分(日本時間7日午前0時50分)ごろ、マグニチュード(M)6.0の地震が発生。花蓮市内で高層ビルが傾斜するなどの被害があった。台湾内政部消防署の発表によると、2月11日午後6時までに確認された地震による人的被害は死者16人、負傷者289人、行方不明者1人。

被害者の多くは、低層階に入っていたホテルの宿泊客だ(写真:菅原 由依子)
[画像のクリックで拡大表示]

 倒壊するなど大きな被害を受けたのは、主に高層ビルで、断層近傍に位置していた。前述の「雲門翠堤大楼」は地下1階・地上12階建て、そのほか11階建ての「統帥大飯店」、11階建ての集合住宅などが倒壊した。

地震によって1、2階がつぶれたホテル「統帥大飯店」。2月9日に解体が始まった。撮影は2月10日(写真:菅原 由依子)
[画像のクリックで拡大表示]
1階の駐車場がつぶれた集合住宅。住民たちは窓などから救出され、幸いにも死者は出なかった(写真:菅原 由依子)
[画像のクリックで拡大表示]
高層ホテルの建設現場では、地震によってクレーンが倒れた。この敷地も断層近傍にある(写真:菅原 由依子)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら