顧客が求めるものなら何でも提供する――。米アマゾン・ウェブ・サービス(Amazon Web Services、AWS)の貪欲さが増す一方だ。2018年11月26~29日(米国時間)に開催した年次カンファレンス「AWS re:Invent 2018」では、オンプレミスやブロックチェーンなどこれまで同社が敬遠してきた分野を含めて、30種類を超える新サービスが発表された。

 「我々は顧客の声に常に耳を傾け、顧客が求めるものを提供している」。AWSのアンディ・ジャシー(Andy Jassy)CEO(最高経営責任者)は基調講演でそう強調した。毎回恒例のフレーズだが、今年は迫力が違った。これまで同社が敬遠していたサービスまでも、今年は発表したからだ。同社の変心ともとれる。

AWS re:Invent 2018で発表されたオンプレミスとブロックチェーン関連の新サービス
名称概要
AWS Outpostsオンプレミス用のAWS。AWSが設計したハードウエアを使用。VMware Cloud on AWSにも対応
Amazon Quantum Ledger Database(QLDB)中央管理型の分散台帳DBサービス。台帳DBはデータの追記に特化し、すべての履歴を追跡・分析できる
Amazon Managed Blockchainブロックチェーンのマネージドサービス。Hyperledger FabricとEthereumに対応

 これまで敬遠していたタイプのサービスの代表格が「AWS Outposts」だ。顧客のオンプレミスのデータセンターで、パブリッククラウドのAWSと同じ仕組みを実現できる。AWSが設計したハードウエアに仮想マシンサービスの「Amazon EC2」やブロックストレージサービスの「Amazon EBS」などのソフトウエアをインストールして提供する。

 出荷開始は2019年下期の予定。機能は順次追加する計画で、リレーショナルDBのサービスである「Amazon RDS」やコンテナ管理の「Amazon ECS」、機械学習モデルの開発やデプロイができる「Amazon SageMaker」なども利用可能になる。AWSがリモートから運用管理する。AWSの中でVMware環境を利用する「VMware Cloud on AWS」にも対応する。

AWS自社開発のハードウエアをオンプレミス向けに販売する「AWS Outposts」
[画像のクリックで拡大表示]

 同様の製品は米マイクロソフト(Microsoft)や米オラクル(Oracle)も提供する。しかしAWSはこれまで、米中央情報局(CIA)を唯一の例外として、オンプレミス用のAWSは提供してこなかった。AWSが大きな方針転換をした背景には、AWSが独自に開発するハードウエアの進化がありそうだ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら