ビッグデータ分析のサービスや製品、コンサルティングなどを手掛ける米テラデータ(Teradata)が再成長への道筋を付けつつある。

 従来の分析ハードウエアの売り切りから、サービス契約のサブスクリプションへの転換を推進。通期では減収が続いているものの、2018年11月1日に発表した2018年1~9月期決算でプラスに転じた。分析サービス群もリブランドし、プラットフォームサービスとしての位置付けを明確にした。

スマートカーやスマートシティー向けを強化

 同社が2018年10月14~18日に米ラスベガスで開いた年次イベント「Teradata Analytics Universe 2018」は、まさしく新生テラデータを印象付ける内容だった。企業ロゴを刷新し、主力の分析サービス群「Teradata Analytics Platform」を「Teradata Vantage」にリブランドした。

企業ロゴを刷新し、「STOP BUYING “ANALYTICS”. IT'S TIME TO INVEST IN ANSWERS.」のメッセージを打ち出した
[画像のクリックで拡大表示]

 Vantageは、分析用のクエリーを処理する高速なSQLエンジンを中核に、機械学習などの機能を搭載したプラットフォームだ。SQL以外にPythonやRなどの言語を使え、ScalaやGoなどにも対応予定だ。テラデータはオープン戦略に転換しており、同社のクラウド環境のほか、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureでも稼働する。

新プラットフォーム「Teradata Vantage」の概要
出所:テラデータ
[画像のクリックで拡大表示]

 今回、Vantageについては、2つの方向性を示した。

 1つは、時系列と3次元の地理空間のデータを組み合わせた4次元の分析機能「4D Analytics」の搭載だ。グラフ処理エンジンによって、時系列のデータにGPS(全地球測位システム)などの位置情報を掛け合わせて分析できる。「どうすれば問題を解決できるか、それぞれの結果がどのような要因で引き起こされているか、複数の道筋を見比べることが可能だ」(プロダクト&テクノロジーのリーマ・ポダー上級バイスプレジデント)。

グラフ処理エンジンによる分析処理のイメージ
出所:テラデータ
[画像のクリックで拡大表示]

 距離や2地点間の関係、時間軸を基にした分析が専用エンジンで容易になる。スマートカーやMaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)、ウエアラブル、スマートシティーなど新分野におけるIoT(インターネット・オブ・シングズ)の分析・活用を推進していく狙いがある。

 例えば公共交通やクルマ、信号機、人の動きなどのビッグデータを分析し、最適な交通制御を見いだすといった用途を想定する。スウェーデンのボルボ・カーズ(Volvo Cars)や独シーメンス(Siemens)、米シスコシステムズ(Cisco Systems)などが先行して4D Analyticsを活用しているという。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら