配車最大手の米Uber Technologies(ウーバーテクノロジーズ)が、自動車のライドシェアにとどまらない「MaaSの総合企業」へとまい進している。2019年6月11~12日の2日間にわたり米国ワシントンで開催したイベント「Uber Elevate Summit 2019(3rd Annual Elevate Summit)」では、「空飛ぶクルマ」と呼ばれる電動の垂直離着陸(eVTOL)機による空のライドシェア「Uber Air」から、完全自動運転車の取り組みまで発表。Elevate Summitは今回で3回目になるが、これまではUber Airに関する発表が大半を占め、その他の事業に関する発表はほとんどなかった。今回は上場後初の大型プライベートイベントというだけあって、例年に比べて同社が取り組む事業を幅広く紹介した形である。Uber Airの関係者だけでなく、ダラ・コスロシャヒ(Dara Khosrowshahi)CEOが初日のレセプションパーティーに、2日目の基調講演に登壇するなど、その注力ぶりがうかがえた。このイベントの様子を3回に分けて紹介する。今回はその1回目である。

Uber Elevate Summit 2019の様子
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
Uber Elevate Summit 2019に登壇したダラ・コスロシャヒCEO
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

運輸長官が登壇

 Elevate Summitは、Uber Elevateにおける招待制の年次イベントである。初回は2017年4月に米国ダラスで、2018年5月に米国ロサンゼルスと2年連続で開催し、プロジェクトの進捗状況を披露してきた。両市はいずれも、ウーバーが2020年にUber Airの実証試験を実施する都市である。

 3回目となる今回は、実証試験とは直接関係がないワシントンで開催した。Uber Airを開始するには、行政機関や規制当局などと協調しなくてはならない。そのため、「政治の中心地であるワシントンで開催したのだろう」(複数の参加者)。ウーバーのもくろみ通り、米連邦航空局(FAA)のキーパーソンのほか、米運輸長官(Secretary of Transportation)のイレーン・チャオ(Elaine Chao)氏が登壇した。チャオ氏は昨年のElevate Summitにビデオメッセージで“登場”したが、今回は本人が壇上に上がり、空のライドシェアという新たな移動手段に期待を寄せた。

米運輸長官のイレーン・チャオ氏
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 ウーバーが、空の移動サービスに注力するのは、渋滞問題にあえぐ都市部において、早くて安い新たなモビリティー(移動手段)を提供できる可能性を秘めるからにほかならない。この点に、行政側も関心を高めている。

 同社の試算によれば、eVTOL機を用いた移動サービスであれば、自動車に比べて移動時間を数分の1にできるという。電動化したeVTOL機なら、内燃機関を用いる従来のヘリコプターに比べて、運用コストを大幅に削減できると見込まれている。それゆえ、普及すればいずれ配車サービスよりも安価にできる移動区間も出てくるとみている。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら