米フェイスブック(Facebook)は、 B to B用途でのVR事業、いわゆる「ビジネスVR」に本格的に乗り出す。同社のVR用HMDと、B to B向けソフトウエアなど一緒にしたビジネスVRのサービス基盤(プラットフォーム)「Oculus for Business」を2019年秋から一般販売を始める。これまでフェイスブックは、一部の企業とB to B用途で試験運用を続けてきた。2019年4月30日~5月1日に開催した開発者会議「F8」では、こうした試験運用の成果やB to B事業に関する今後の事業方針などを語った。

 同社は2014年に米Oculus VRを買収して以来、ゲームを中心としたエンターテインメント、すなわちB to C用途に向けてHMDを販売してきた。今後は、こうしたB to C用途に加えて、B to B用途の開拓にも力を入れることで、VR業界のエコシステム拡大を図る。

VRのB to B事業について報道機関に向けて説明するAR/VR Head of EnterpriseのMaria Fernandez Guajardo氏
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら