自動運転向け半導体製品に力を入れる米エヌビディア(NVIDIA)が、電気自動車(EV)大手の米テスラ(Tesla)に反論した。NVIDIAは2019年4月23日(現地時間)、公式ブログ内で、Teslaが前日(22日)に発表した車載コンピューターのプレゼンテーション内容に対して異を唱えたのである(関連の公式ブログ)。Teslaが発表した完全自動運転向け車載コンピューター「FSD」の演算処理性能は、72TOPSのSoCを2つ搭載して144TOPSを達成している(関連記事)。この車載コンピューターのベンチマークとして、発表会ではNVIDIAの製品を取り上げていた。

Teslaに対する反論を載せたNVIDIAの公式ブログ
(画像はWebページをキャプチャーしたもの)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら