ホンダとマツダが、2020年に欧州でEVを発売する。ともに1充電当たりの航続距離が約200kmと短く、商品力は低い。自動車ジャーナリストやアナリストは、「売れない」と見る向きが大勢だ。2社はなぜ、時流に乗り遅れた航続距離の短いEVを開発したのか。「売れると困る」のが本音に映る。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら