ホンダとマツダが、2020年に欧州で電気自動車(EV)を発売する。ともに1充電当たりの航続距離が約200km(WLTPモード)と短く、商品力は低い。自動車ジャーナリストやアナリストは、「ほとんど売れない」と見る向きが大勢だ。2社はなぜ、時流に乗り遅れた航続距離の短いEVを開発したのか。「売れると困る」のが本音に映る。

 ホンダは「e」、マツダは「MX-30」と名付けたEVを開発した。電池容量はともに35.5kWhである。他社を見ると最近は50kWh超、400km超がざらで、2社の性能は明らかにもの足りない。

ホンダe
[画像のクリックで拡大表示]
マツダMX-30
[画像のクリックで拡大表示]
(撮影:日経 xTECH)

 400km超の航続距離が普通になっているのは、各社が歴史に学んだ結果である。日産自動車の苦戦と、米テスラ(Tesla)の躍進だ。

 約10年前からEV「リーフ」を本格的に販売する日産は、販売低迷に長年苦しんできた。苦戦の原因で大きいのが、航続距離が短いことである。「200kmあれば日常走行に十分、というのはメーカーの理屈。当時は消費者の不安感がこれほど強いことを理解していなかった」(日産の初代リーフ開発担当者)。

 日産は発売当初に24kWhだった電池容量を、2019年には62kWhまで増やし、航続距離をどんどん延ばしてきた。「消費者が不安を感じない水準を探ってきた結果」(同担当者)だ。一方でテスラは、当初から長い航続距離にこだわり、躍進した。2008年に発売した最初のEV「ロードスター」の電池容量は50kWh超で、航続距離で400km前後を実現していた。

 ホンダはeの航続距離について、「日常のコミューター(近距離)用途で十分」(eの開発担当者)というが、300万円以上の価格帯にコミューター市場が存在しないことは、日産が時間をかけて証明した。数万~十数万円ならばいざしらず、300万円超の車両は短距離も長距離も走れて当然と考えるのが、消費者の大半である。

 航続距離が短いEVを今さら開発するホンダとマツダは、歴史に学べない愚かな企業なのか。

 一見そう思えるが、コトはそう単純でもない。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら