2019年8~9月には決済サービス各社が規模の大きい還元キャンペーンを相次いで実施した。例えばNTTドコモはd払いをすると店舗に加えてAmazonなどのネット決済でも20%還元したり、JCBはスマホでQUICPay決済をすると20%、最大1万円まで還元したりといったものだ。

NTTドコモのQR決済サービス「d払い」(出所:NTTドコモ)
[画像のクリックで拡大表示]

 実施時期がこの時期に集中したのは、消費税が10%に増税される目前であり、駆け込み需要などでお得な買い方に消費者の注目が集まりやすいのを狙ってのものだ。もちろん、PayPayやLINE Pay、メルペイといったスマホ決済の普及により利用者のスマホ決済へのハードルが下がってきたこともある。

 実施企業各社の声をまとめると、こうした決済の中心は40代から50代の男性が多いという。スマホ決済ではこれが定説のようになっていたが、「10月の増税実施後は少し傾向が変わってきた」という声が聞かれるようになってきた。その一つが、岐阜県飛騨市や高山市などで使える独自の通貨「さるぼぼコイン」だ。PayPayなどと同じく、スマホでレジに張ってあるQRコードを読み取って決済する。

飛騨信用組合のさるぼぼコインで決済できる「フルーツカフェBitta」
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら