2018年も残すところ2カ月。今年もクラウド分野で大きなニュースが相次いだ。最近では、米IBMがハイブリッドクラウド戦略の強化を狙い、米レッドハットを約340億ドルで買収すると発表。久々の大型買収にIT業界の注目が集まった。

 やや気が早いが、クラウドに関する今年の重大ニュースを振り返りたい。数多くのニュースの中から、今後のクラウドの動向を探るうえで注目しておくべき3つを選んだ。どれも驚きを持って受け止めたニュースだ。

日本企業に配慮したBigQuery

 第3位は「BigQueryの東京リージョン上陸」である。データウエアハウス(DWH)サービスのBigQueryは、米Googleが提供するクラウド「Google Cloud Platform(GCP)」のなかでも人気が高い。自動で一気にスケールアウトするBigQueryは、大量データを高速で分析する用途に向く。

 そのBigQueryが2018年4月、「東京GCPリージョン」で利用できるようになった。単に日本で使えるようになったわけではない。驚きのポイントは、国内からデータを出すことなくBigQueryが使えるという“特別待遇”の提供形態にある。

 BigQueryはストレージと処理ノードから成るが、それまでユーザーはリージョンを指定できなかった。ストレージは「US(米国)」と「EU(欧州連合)」の選択肢を用意するものの、それぞれにリージョンが複数あり、ユーザーがその配置先を決めることはできない。処理ノードについては、ユーザーがリージョンを指定する余地すらない。

 これに対して東京GCPリージョンのBigQueryは、ストレージもノードもリージョン内に閉じるので、国外にデータが出る恐れがない。オンプレミス(自社所有)環境にあるデータ分析基盤のクラウド移行を検討中のみずほ銀行は、2018年3月にBigQueryの検証を実施した。「東京リージョンでBigQueryの提供開始が近づいていたのも、採用を後押しした」という。

 GCPはここ数年、企業システムの獲得に向けてアクセルを踏み込んできた。「データを国外に出したくない」という意向が特に強い日本企業。これに配慮し、BigQueryで初となる特別待遇を打ち出してきた姿勢に、GCPの本気を感じる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら