全国各地で河川の氾濫や土砂災害を引き起こした台風19号。総務省消防庁によると、この台風による住宅被害は2019年10月24日時点で約6万6000棟に上る。18年に西日本に甚大な被害をもたらした西日本豪雨の約5万1000棟を上回る規模だ。これまでに13都県で76人が死亡した。

 台風19号による浸水被害を受けて、各自治体が大雨による被害を想定して作成したハザードマップの有効性に改めて注目が集まっている。筆者も確認してみたが、大規模な浸水被害を受けた福島県や長野県では、自治体が作成したハザードマップと国土地理院が公開した台風19号による浸水範囲などがほぼ一致した。

台風19号の影響で福島県郡山市は阿武隈川流域に広がる市街地や工業団地が浸水した(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
台風19号がもたらした記録的な大雨で、阿武隈川や千曲川など多くの河川が氾濫した。大雨の影響で堤防が決壊した河川も多い(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、筆者が取材に訪れた福島県本宮市。阿武隈川の氾濫と支流の安達太良川の破堤で市街地が浸水した。市は2日間で降水量257mmの大雨を想定してハザードマップを作成し、阿武隈川の西側に広がる市街地の浸水深を2~5mと予測していた。国土地理院が公開した台風19号による浸水推定段彩図では、浸水深は2~4mだった。

福島県本宮市が作成したハザードマップ。2日間で総雨量257mmの大雨を想定している(資料:本宮市)
[画像のクリックで拡大表示]
国土地理院が公開した本宮市の浸水推定段彩図。阿武隈川の西側に広がる市街地の浸水深は2~4mと、市が作成したハザードマップとほぼ一致している(資料:国土地理院)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら