「ネットの世界が新しいステージに切り替わる雰囲気をひしひしと感じる」――。2018年9月27日、LINEの出沢剛社長CEO(最高経営責任者)の口調は熱を帯びていた。同日に出沢CEOは、ブロックチェーン技術がインターネットやスマートフォンに続くパラダイムシフトを起こすという未来予測に賭け、「LINE Token Economy」構想を大々的に発表。来るべき新時代のリーダーを目指す決意を内外に示した。

「LINE Token Economy」構想を説明するLINEの出沢剛社長CEO(最高経営責任者)
[画像のクリックで拡大表示]

 ただしLINE Token Economyはブロックチェーン技術をベースに経済圏を構築する「トークンエコノミー」で核となる部分を未完にしたままの船出となった。未完はLINEの責任というよりは法規制に起因するが、それでもLINEが打って出た事実に「世界で勝負する」という同社の気概を感じた。

トークンエコノミーは利用者の貢献意欲をかき立てる

 インターネット黎明期に「Instagram」の登場とブームを予見するのが難しかったように、新しい技術やサービスがもたらすインパクトを明確に思い描くのは困難だ。トークンエコノミーも同じで、現時点は黎明期であり、はっきりとした世界観が浸透しているわけではない。実在する複数のトークンエコノミーを眺めると、サービス提供者がブロックチェーン技術をベースに「トークン」と呼ばれる独自の「価値」を発行し、サービスに貢献する利用者に対して報酬という形で配布するケースが多い。

 ビットコインの仕組みが、比較的イメージしやすいかもしれない。ビットコインネットワークの運営に欠かせないマイニング(仮想通貨の発掘)という作業に参加し、マイニングに成功した利用者に対し、約10分間に1度の頻度で12.5BTC(ビットコインの単位)を報酬として配布している。ビットコインも独自の「価値」を持ったトークンの1つといえる。

 肝となるのは、利用者がサービスに貢献すると報酬を得られる点。そのインセンティブが利用者にサービスに貢献しようというモチベーションをもたらす。結果、サービスの魅力がより高まる。サービスの魅力が高まればインセンティブとして受け取るトークンそのものの価値も上がり、ますます利用者の貢献意欲をかき立てる――。こうした好循環が生まれるわけだ。

 LINEが重視するのはこの点だ。「オンラインサービスの利用者はコンテンツを消費するだけではない。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)や口コミサイトなどでは、利用者自身がコンテンツの生成者になるという変化が起きている」。出沢CEOはこう前置きしたうえで、「本来なら貢献者に対して金銭的還元があってしかるべきだが、今のところ不十分だ」と指摘した。

 この不十分さに対するLINEの答えがLINE Token Economyなのだ。今回LINEはブロックチェーンを自社開発するだけでなく、その上で稼働するDApps(分散型アプリケーション)が集まる場も構築した。そこで独自トークンを発行し、DAppsの利用者に配布する。

 加えて自前のDAppsの開発に着手しており、本番提供を視野に入れている。Q&Aサービスや商品レビューサービスなど、年内に5つのDAppsを提供する方針で、既にベータ版を公開しているサービスもあるという。

 LINE Token Economyのようなプラットフォーム型サービスでは、サードパーティー製のアプリをいかに呼び込めるかが成否の鍵を握る。実証実験やPoC(概念実証)止まりの取り組みが圧倒的に多いブロックチェーンの領域であるトークンエコノミーで、自らが嚆矢(こうし)となって実サービスの創出に当たる姿勢に本気度が垣間見える。

 では、何が未完なのか。トークンエコノミーの要となるトークンそのものである。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら