ついにこの日が来た。筆者が2018年7月に、ZOZO(旧スタートトゥデイ)に注文した同社のPB(プライベートブランド)商品「ビジネススーツ」と「ドレスシャツ」のセットが、二度の出荷延期を経て、ようやく我が家に届いた。10月5日のことである。

10月5日に我が家に届いたZOZOのスーツとシャツ。色はスーツが無地のダークネイビー、シャツが無地のピンク。スーツはZOZOオリジナルの重厚な白いハンガーにかかっていた
[画像のクリックで拡大表示]

 この3カ月間に筆者が味わったZOZOとの間の奇妙な体験については、この記者の眼で過去4回にわたって紹介してきた。いよいよ今日で最終回になる。

 10月1日の「記者の眼」に書いた4本目の記事では、商品不良による二度目の納期遅延の通達と、その翌日にZOZOから「10月4日に商品を届ける」と連絡してきた驚きの急展開に触れた。これには読者から大きな反響があった。

 これで10月4日に三度目の出荷延期となれば、それこそ「詐欺か」と書くところだった。幸い、そうはならず、ZOZOは予告通りに商品を届けてくれた。

 実は一抹の不安があった。10月4日の発送当日、本来なら事前に届いていいはずの「発送手続きが完了しました」というメールが、ZOZOから来なかった。「また延期か?」と思った矢先、夜11時過ぎになってZOZOよりも早く、配送を請け負うヤマト運輸から「商品お届けのご案内」というメールが来た。そこには「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)の商品を10月5日にお届け予定」とあった。どうやら無事に発送されたようである。一度は商品不良で出荷延期を伝えてきたZOZOが突貫工事で筆者のスーツとシャツを作り直し、出荷にこぎ着けたことになる。

 もっとも、10月5日になってZOZOから「商品の発送手続きが完了しました。(中略)商品の到着までもうしばらくお待ちください。」とのメールが届いたときには、筆者は既にヤマト運輸から商品を受け取り済みだった。今回の商品発送がいかにイレギュラーな対応だったか分かる。ZOZOTOWNのスマートフォンアプリにある注文履歴も「発送済み」に変わっていた。

 今さらだが、筆者にとってスーツとシャツをネット通販で購入するのは初めてのことである。背が低い筆者は、既製品の一番小さなサイズでも、自分の体には大きすぎることがほとんど。なのでスーツとシャツはネットで買ったことがない。

 逆に私服については、最近はユニセックスの商品が増えたこともあり、筆者にとっては選択肢が大きく広がった。それに多少サイズが大きくても、デザインが気に入れば平気で買っている。そうした普段着はビニール袋に入っただけの状態で段ボール箱に詰め込まれ、自宅に届くのがネット通販では一般的。割れ物ではないので、筆者は過剰な包装は必要ないと思っており、気にならない。

 しかし、スーツとシャツはそうもいかない。通常スーツを店舗で買うと、専用のスーツ袋に入れてもらえる。そう考えると、もしスーツが段ボールに雑に詰め込まれていたら、しわくちゃになってしまうかもしれない。いったい、どんな形で自宅に届くのか、それが楽しみだった。

 ヤマト運輸から商品を受け取り、とにかく驚いたのが段ボール箱の大きさ。ZOZOTOWNのロゴが入った横幅の長さは約70cmある。思わず「デカ!」と叫んでしまった。スーツとシャツが荷崩れしないように入っているのだから、これぐらいの大きさにはなるのだろう。まるでイケアで家具を買ったときのような箱の大きさだ。

スーツとシャツが入った箱の大きさには驚いた
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら