2019年9月10日(米国時間)、例年通り米アップル(Apple)がiPhoneの新機種を発表した。「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」の3機種だ。それぞれ現行の「iPhone XR」「iPhone XS」「iPhone XS Max」の後継という位置付けである。

iPhone 11 Pro
(出所:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

 筆者は毎年iPhoneを買い替えているので、今年も買い替えようと考えている。今使っているのはiPhone XS Maxで、この機種にはとても満足しているため、その後継となるiPhone 11 Pro Maxに買い替えるつもりだ。

 2019年の新モデルには驚きがなかったとみる向きは多いが、堅実な進化を遂げているとみる人も少なからずいる。どちらかといえば筆者は後者のほうだ。カメラやディスプレー、プロセッサーの性能向上、バッテリー駆動時間の延長、価格の引き下げなど、評価できるポイントは多い。

 ただ、大きな不満が1点だけある。サイズと重量が一回り増してしまったことだ。iPhone XS Maxは、サイズが幅77.4×高さ157.5×厚さ7.7mm、重さは208g。一方、今回のiPhone 11 Pro Maxは、サイズが幅77.8×高さ158.0×厚さ8.1mm、重さが226gとなった。特に重さは18gも重くなった。

iPhone XS MaxとiPhone 11 Pro Maxの比較
[画像のクリックで拡大表示]

 2018年にiPhone XS Maxが登場したとき、以下の記事を書いた。

 この記事ではiPhoneの最上位機種が年々重くなっていくことを指摘し、次世代機は薄型・軽量化を望んだのだが、結果的にはさらに厚く、重くなってしまった。2020年に登場するiPhoneは、5G(第5世代移動通信システム)対応などの新機能を搭載し、フォームファクターも大きく変わるのではと予想されている。次こそは薄型・軽量化にも力を入れてほしい。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら